タイプ

品種

価格

ロッシュ ド べレーヌ シャンベルタン グランクリュ

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

1996年にネゴシアン「メゾン・ニコラ・ポテル」を創立し、ヴィニュロン目線の新世代ネゴシアンとして一躍脚光を浴びるも2009年に当時の親会社、コタン・フレール社と決別。自らの名前を冠した会社を去ったニコラ・ポテルは現在ボーヌ市内に入手した16世紀建立の古いセラーを改築し、そこを拠点に自社畑のぶどうを用いた「ドメーヌ・ド・ベレーヌ」とネゴシアン部門「メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ」を運営。ベレーヌとはガリアの太陽神Belenosベレノスに由来しており、ボーヌ市の古い呼称。

ヴォルネイ生まれの生粋のブルギニヨンであり、偉大な醸造家でもあった亡き父ジェラール氏の人間関係を引き継いだニコラ・ポテルは現在ネゴシアン、メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌとドメーヌ・ド・ベレーヌにて自らワイン醸造を行う傍ら生産者のセラーに眠る飲み頃の古酒を買付け「コレクション・ベレナム」としてリリースしています。状態が良いことは当然として、自らのワイン哲学と同じ、つまり「テロワールをきちんと反映したエレガントさ、フィネスが感じられる自然な味わいを持つワイン」を基準に試飲を重ね、納得できる味わいのワインのみを厳選。純粋な古酒。

「シャンベルタン グラン・クリュ」は、ジュヴレ・シャンベルタン村に9つある特級畑の中でも、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズとともに別格とされる、特に評価の高い畑。シャンベルタンの名は13世紀より使われており、隣接する特級畑クロ・ド・ベーズとの境界線は、中世より変更されておらず、長い歴史を持っています。標高275300mの東向きに位置し、石灰質と粘土質が混じる土壌で構成されています。