タイプ

品種

価格

フランソワ・カリヨン ヴァン・ド・フランス・キャップ・オ・シュッド・シャルドネ

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

カリヨン家の歴史は非常に長く、1520年誕生の初代ジャン・カリヨンまで遡ります。 16代目の現当主フランソワ・カリヨン氏は、ピュリニー・モンラッシェの偉大な生産者 『コント・ラフォン』 や 『ルフレーヴ』 と並び称される造り手であった父 ルイ・カリヨン氏の元で、1988年にヴィニュロンとして のキャリアをスタートさせ、栽培責任者まで務め上げました。2010年に父が引退した折に、兄のジャッ クが父のドメーヌを受け継ぎ、弟であるフランソワは、父から受け継いだいくつかの由緒正しき畑と共に 当ドメーヌを立ち上げて独立しました。 2014年には 📖”La Revue du Vin de France”で、「コント・ラフォン」や「ルロワ」などと並び、『ブル ゴーニュで最も偉大な50のドメーヌ』 に選出されています。

【自社畑総面積】約16ha

【畑立地】ピュリニー・モンラッシェ村、シャサーニュ・モンラッシェ村、サン・トーバン村

【1級畑】「ペリエール」 「シャンガン」 「コンベット」などいずれも父から継承

【管理】《ビオロジック農法》 フランソワは、実家で栽培責任者を務めていた頃からできる限り自然の摂理に沿った栽培方法に目を向けてきました。ブドウの健康状態がワインの出来に最も影響を及ぼすと考えており、除草剤は一切使用せず馬と共に耕すなど、代々受け継がれてきた手法を守り、様々な畑作業のスケジュール管理は天体カレンダーを元に行っており、最大限の手間をかけています。

【栽培品種】シャルドネ 90%  アリゴテ 5%  ピノ・ノワール 5%

【収量】平均40hl/haまでに厳しく抑え、植樹密度は10,000本/haと非常に高くなっています。

醸造においては祖父を師と仰ぎ、当時から変わらない伝統的なブルゴーニュ製法に沿ってテロワールの個性を最大限に引き出しています。

【発酵】収穫したブドウはステンレスタンクの中で8℃に冷却します。発酵は5つの業者から購入した仏産樽(228Lと350L)でゆっくり4~6週間かけ、 添加は一切せず、バトナージュを施しながら野生酵母にてアルコール発酵、マロラクティック発酵を行います。

【熟成】ヴィンテージによってそれぞれ異なりますが全てのキュヴェにおいて、最低でも約一年以上樽にて熟成した後、ステンレスタンクに移して更に 約5~9ヵ月静置し、状態を安定させてから瓶詰を行います。キュヴェによってはドジナージュ(手で撹拌)を行うこともあります。新樽比率はキュヴェ によって異なります。必要であればろ過・清澄を行います。