価格

タイプ

品種

ヴァンサン・ドーヴィサ シャブリ 2022 Vincent Dauvissat Chablis 2022

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

 

ドーヴィサは1920年代から続く伝統あるドメーヌ。親戚にあたるドメーヌ・ラヴノーと並び、クラシックで長命、古典的なスタイルのシャブリを造り出す名手として、常に高いの評価を得ており、評論家であるセレナ・サトクリフ氏が、「すべてのシャブリのあるべき典型」と語るように、シャブリはもちろんのこと、ブルゴーニュの白ワインを代表する生産者であることは疑いようがありません。 所有する畑は、全部で約12ha。そのうち、2つのグラン・クリュは計約2.5ha、3つの1級畑が約6.6ha。A.C.シャブリは約1ha程度と、どの畑もわずかな面積。父ルネ氏の代から除草剤や農薬の使用を控えており、ヴァンサン氏がさらに促進、1998年より約3haの区画で実験的に自然に則ったブドウ栽培を始めました。そして2002年には、全ての畑の栽培方法で実践。それにより、「目に見えて土壌のバランスが改善され、病気が減り、腐敗果も少なくなった」とその効果を評しています。 熟成はシャブリ地方の伝統である132L入りのフュイエットという小樽とピエスを併用。樽熟成はおよそ約6ヵ月間、その後軽く濾過を行い、瓶詰めされます。そうして出来上がるのは、樽の風味がしっかりと染み込んだ力強いワイン。凝縮した果実味、たっぷりとしたミネラル感を湛えた堅牢なスタイルのワインは、失われつつある伝統的なシャブリのスタイルを頑なに守り続け、「これぞ本物のシャブリ」と愛好家の心を掴んでやみません。