価格

タイプ

品種

7月末まで15%オフ クロード デュガ ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ 2016

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
クロード・デュガは、ジュヴレ・シャンベルタンで何世代にもわたって確固たる地位を築いてきており、そのルーツは19世紀まで遡ります。
1955年、クロードの父モーリス・デュガが歴史的な石造りの納屋をを購入し、ワイナリー施設に改造し1977年から自家元詰を始めるまでは、デュガ家は、ワイン商に自分たちのワインを売っていました。

幼少の頃からワインの世界にどっぷりと浸かってきたクロード・デュガは、父の跡を継ぎ、ワイン商でワインを売ることからキャリアをスタートさせました。
1991年に、自身のヴィンテージの瓶詰めと販売を開始し、めざましい成功を収め、今日ではブルゴーニュを代表する生産者としてその地位を確立しています。

2000年代に入ると、彼の子供たちもドメーヌに加わり、現在では、息子のベルトラン・デュガが中心となり、2人の姉妹に支えられて事業を引き継いでいます。
デュガは、ブドウの木に最大限の敬意を払い、テロワールを重んじ畑での仕事を重視しています。石灰岩のテロワールに植えられたピノ・ノワールの樹は、驚くほどのミネラルとフィネスを持ったフレッシュでエレガントなワインを生み出します。
ブドウは、肥料や除草剤を一切使用しないサステイナブルな方法で栽培されています。2013年からは有機農法に重点を置き、さらにビオディナミ農法も取り入れています。

ブドウは手摘みで収穫され、果実が熟成して、糖分が極端に濃縮されないよう、早い時期に収穫されます。

全ての果実は100%除梗され、発酵はコンクリートタンクで行われ、1日に2回、酸素の侵入を抑えるために穏やかなパンチダウンが行われます。マロラクティック発酵と熟成のために樽に移される前に、果汁は2週間ほどタンク内で放置されます。

ワインにはかなりの量の新樽が使用されていますが、ブルゴーニュ・ルージュだけは新樽を一切使用していません。樽は全てフランソワ・フレール製で、新樽を多用していますが、ワインの味わいや香りに強い新樽の特徴が見られることはほとんどありません。

幸運なことに、彼らはこの地域で最も古いブドウの木をいくつか所有しており、それがメゾンのスタイルに反映されています。クロードは低収量と小粒な果実を好み、隣人と同じ数の房を持ちながら、果実の大きさは隣人の半分になることを望んでいます。これがデュガのワインを支える凝縮感と力強さの決定的な要因となっています。