タイプ

品種

価格

コントラット “フォー・イングランド” アルタ・ランガ・スプマンテ・パドゼ

このショップでは酒類を取り扱っています。20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。
在庫がありません。

コントラットは、1867年創業の老舗ワイナリー。ピエモンテ州のバルバレスコD.O.C.G.エリアから東に約10km離れたカネッリという村にあり、スプマンテを専門に製造しています。

1919年にイタリアで初めてミッレジマート(ミレジム=ヴィンテージ入り)のメトド・クラッシコ(シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵による製法)スプマンテを造り、当時の上流階級の人々を魅了しました。コントラットが造るスプマンテの辛口の味わいは、当時は世界的に主流であった糖分が残ったやや甘口のスパークリングワインを横目に、イギリス王室を筆頭にイギリス人向けに輸出を大きく伸ばし、イギリスの植民地だった各国の王室、さらにサヴォイア王家やバチカンの御用達となりました。
他国ではまだ慣れ親しんだ甘みのあるスパークリングが売れていたため、このコントラットの辛口のスプマンテは“For England(フォー・イングランド)”と名付けられました。

2007年から、ピエモンテのスターワイナリーのひとつ、ラ・スピネッタのオーナーにして醸造責任者のジョルジョ・リヴェッティ氏がコントラットのスプマンテ造りに携わるようになりました。2011年には同氏がコントラットのオーナーとなり、高品質なスプマンテを生み出し注目を集めています。


リヴェッティ氏は大のシャンパーニュ愛好家で、彼が培ってきたブドウ栽培の技術とコントラットのスプマンテ造りのノウハウを融合すれば、高品質なシャンパーニュと肩を並べられるスプマンテがきっと造れるはずだという確信を持ち、シャンパーニュへの挑戦が始まりました。理想の味わいを実現するため、彼独自のこだわりで最低熟成期間を生産規則よりも長く設定、ラ・スピネッタと同じく徹底した収量制限をしたり、ヴィンテージごとの味を表現するために全てヴィンテージ入りにするなど、大幅な改革を行うことで、コントラットのスプマンテの品質は飛躍的に向上しました。

 

イタリア屈指の高品質ワイン産地ピエモンテで、「アルタ・ランガDOCG」という瓶内二次発酵のスプマンテが近年注目を集めています。DOCGに昇格したのは2011年とまだ歴史は浅いものの、イタリア国内の他の瓶内二次発酵スプマンテと比べても厳しい生産規則が定められ、有名バローロの生産者またピエモンテワインの明確なアイデンティティをもったスプマンテとして、その地位を確立し始めています。


アルタ・ランガの生産地区はピエモンテ州南東部にあるクネオ県、アスティ県、アレッサンドリア県のタナロ川右岸の丘陵地帯。標高は生産規則では250m以上と定められていますが、500mほどの畑が多く、800mに及ぶこともあります。標高が高く、渓谷に近い畑であることから冷涼な気候で、昼夜の寒暖差が大きくなるため、ワインはしっかりとした酸とアロマを持つようになります。また、バローロやバルバレスコ地区と同様の泥灰土、石灰粘土土壌で、堅固なミネラルがこの土壌からもたらされるとされています。


ヘクタールあたりの植樹は4,000本以上、ブドウの最大収穫量は11トンで、搾汁率は65%以下、使用される品種は主にシャルドネとピノ・ネーロです。


アルタ・ランガのスプマンテの醸造で特徴的なのは、その熟成期間です。シュール・リー(澱とともに寝かせること)の状態で最低30ヶ月(リゼルヴァは36ヶ月)の瓶内熟成を行う必要があり、シャンパーニュの12ヶ月、イタリア国内のその他の瓶内二次発酵スプマンテである、トレントやオルトレポ・パヴェーゼの15ヶ月、フランチャコルタの18ヶ月と比べても格段に長い熟成期間が設けられています。


また、もう一つの特徴として挙げられるのは、ヴィンテージの入った、ミッレジマートだけが認められているということです。スパークリングワインには珍しいことですが、毎年均一な味わいを保つことよりもそれぞれのヴィンテージを表現した味わいのワイン造りを行うという意思の表れとされています。

このように厳しい生産規則を持つアルタ・ランガD.O.C.G.ですが、コントラットはいち早くアルタ・ランガの生産に注力し、筆頭となる造り手の一人です。

コントラットの畑は低いところでもロアッツォーロの標高600m、所有している約85%にあたるボッソラスコエリアの畑は700~880mととても標高の高いエリアにあるためより冷涼な気候で、糖度がゆっくりと上がる間にフェノール類も理想的な成熟をし、なおかつ酸が保たれた高品質なブドウが収穫できます。収量も、規定の11トン/ヘクタールに対して4~5トン/ヘクタールと厳格に制限し、「スプマンテでもスティルワインでも元のブドウの良さが高品質のカギ」と考えるジョルジョ・リヴェッティ氏らしく、より良いブドウを厳選してスプマンテ造りに使用しています。


コントラットでは近年、瓶内熟成もさらに伸ばしており、自社の基準で最低48か月と法定規則よりも12か月長く設定していて、さらにドサージュ(補糖)も一切行いません。徹底的に自信をもった高品質なブドウを使っているからこそ発揮されている熟成のポテンシャルであり、また補糖といったテクニックに頼らないスプマンテ造りが実現されています。
テロワールからもたらされる堅固で持続性のあるミネラルや酸など、アルタ・ランガの特性がしっかりと表現されている正統派なコントラットのスプマンテは、飲んでいるうちに徐々に開いてくる上品さがあり、1本で食事を通せる「通好み」な味わいで支持を得ています。


圧倒的な品質追求の取り組みを行ってスプマンテ造りを行うコントラットは、アルタ・ランガ生産者の中でも一目置かれる存在としてアルタ・ランガの地位向上を牽引しています。